水虫の原因と症状
水虫の原因と症状 > 幼児の水虫の症状と対処法は

幼児の水虫の症状と対処法は

水虫といえば大人がなるものと思われがちですが、実は幼児でもかかることがある病気の一つです。
水虫は白癬菌という菌が足の指に入り込んでしまうことで起こる感染症です。
両親があるいは片方が水虫持ちだったすると幼児にも感染することがあります。

しかし、いくら親が水虫であっても白癬菌は非常に弱い菌であるため足に付着したくらいではすぐに感染しませんが、白癬菌の好むジメジメ湿った状態を作ることで繁殖して水虫になることがあります。
例えば、洗ってない靴をずっと履いていたり、水虫持ちの人と同じバスマットを使用していると感染し症状が出てくるようになります。
幼児の水虫の症状は、基本的に大人と変わりません。
足の間がかゆくなったり、皮がいっぱい剥けたり赤みが出たりします。
放置すると今度は爪にまで繁殖範囲を広げて、爪が変形したり厚くなったりする爪水虫になる恐れもあります。

足の指をモジモジしたりかいているような症状があれば感染している可能性が高いので早めに皮膚科で治療するようにしましょう。
幼児に感染しないようにするためには、まずお風呂に入った際にはしっかりと足の間を洗うようにして、バスマットやバスタオルを頻繁に変えるようにすることです。
また、同じ靴を長期間履かないようにして時々は休ませることと、原因である親の治療をすることです。
幼稚園や保育園などの集団生活で幼児が先にもらってくることもあるので、症状が出た場合には親にも感染しないように早めに治療することが望ましいでしょう。
原因と対処法を知っていれば、むやみに怖がることのない病気ですので、発症した場合にはしっかりと治療して日頃から感染しないように足を清潔に保つようにしましょう。

こちらの記事もチェック!
  • ニゾラールクリーム
    2019.05.12

    水虫にもいくつか種類があり、症状や発症しやすい部分などがそれぞれ異なっています。 足の裏が乾燥したり白っぽくなっているという場合、角質増殖型水虫かもしれません。 角質増殖型水虫とは足の裏全体に水虫を引き起こす白癬菌がついてしまうタイプで...続きを読む

  • 水虫で悩む女性
    2019.05.23

    水虫は男性の病気だと思いがちですが近年では女性にも増えてきています。 女性の水虫発症率は70%に達しており統計では首都圏の女性は5人に1人が水虫に感染していると言われています。 水虫とはカビの一種である白癬菌による感染によって引き起こさ...続きを読む

  • 病院で診てもらう女性
    2019.06.08

    水虫に苦しむ人は老若男女を問わずたくさんいます。 長年にわたって治らない人も多く、完治を諦めてしまっている人も少なくないでしょう。 いくら薬を使い続けても水虫が治らない、そう思っている人には病院もオススメです。 現在、水虫の市販薬は大...続きを読む

  • 顕微鏡
    2019.07.04

    皮膚疾患には色々な種類がありますが、その中でも日本人に多いのが水虫です。 5人に1人が水虫になった事がある、また治療中というデータがある程、日本では身近な皮膚疾患です。 水虫は白癬菌と言うカビの1種が、皮膚や爪に感染する事で発症します。...続きを読む